卒後研修概要

  • HOME »
  • 卒後研修概要

診療科名

循環器内科

 本診療科の特徴(PR)

病棟診療は初期研修医→3年目後期研修医→指導医→スーパーバイザー医師の4層構造で行う。大学病院であるが、循環器救急患者診療により内科プライマリーケア、及び循環器疾患診療を通して内科全般の基本的な臨床能力習得が可能である。

お勧めプログラム

少なくとも3ヶ月以上初期研修医として所属して、循環器内科初期研修医研修プログラムに沿って内科研修を行うことが望ましい。(ただし、2ヶ月でも可)

研修にあたってのアドバイス

EPOC到達目標を達成するためには、内科一般の基本的な診療に携わる必要性があり、循環器内科の初期研修プログラムは、それに十分に適した内容であると言える。できるだけ長期間研修していただくことが望ましい。

内科系診療科の選択としては、循環器内科を選択する場合、循環器内科3ヶ月と他科(呼吸器内科、消化器内科、神経内科、代謝内科、血液内科、腎臓内科等)を合わせて、選択していただきたい。

指導担当者連絡先等

<担当者> 泉家康宏(いずみややすひろ;医局長)

<連絡先>TEL : 096-373-5175、e-mail : izumiya@kumamoto-u.ac.jp

卒後初期研修

卒後後期研修

医局へのお問い合わせはこちら TEL 096-373-5175 cvmhisho@kumamoto-u.ac.jp受付時間 9:00~17:00〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.