論文タイトル:Myocardial Ischemia Suppresses Ketone Body Utilization  

心臓におけるケトン体の利用率を測定し、心臓の血流が減少した状態(心筋虚血時)において、

ケトン体利用率が低下することを確認した有馬助教らの論文が、2019年1月15日に、

医学雑誌 「Journal of American College of Cardiology」に掲載されました。

プレスリリースと併せてご一読頂ければ幸いです。

論文URL: http://www.onlinejacc.org/content/73/2/246