論文タイトル [Comprehensive assessment of takotsubo cardiomyopathy by cardiac computed tomography]

熊本大学大学院放射線診断学分野との共同研究で、 過度の精神的ストレスを受けた後などに

心筋が収縮しにくくなり、正常に血液を送り出すことができなくなる「たこつぼ型心筋障害」に

関して、冠動脈評価による冠動脈疾患の除外ならびに重症度診断の基準となる遅延ヨード造影

を、CT撮影により同時に施行することが可能となったことを報告いたしました。

本成果は2018年5月7日に、米国救急放射線学会誌「Emergency Radiology」に掲載されました。

論文URL: https://link.springer.com/article/10.1007/s10140-018-1610-2