熊本大学医学部附属病院がIMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設に認定され

ました。 認定されたことにより、重症心不全に対して開胸手術や体外循環装置の使用を

行うことなく、 カテーテルで装着することのできる補助人工心臓(IMPELLA)の使用が

可能となりました。 すぐに装着できるため患者様の体にかかる負担が少なくて済み、

より安全で確実な治療を提供できます。熊本大学病院循環器内科は、心原性ショック

など重症の心疾患に苦しむ患者様に対しても高度先進医療を駆使し、治療成績の更なる

向上に注力してまいります。

IMPELLA認定証